2006年05月19日

WILLCOMのW-SIM端末にDoCoMo PHSの番号 - 追加

ちょっと前の日記
http://dmsq.seesaa.net/article/17357078.html

> 電話以外のネットワークサービスはほぼ使えない。
を追補しなければならない。

トラックバックやコメントをいただいて、ネットワークについて調べてみた。WILLCOM DDを入手したので、moperaで試してみる。

○ moperaは PIAFS2.0対応のようだ。

○ W-SIMのATコマンドマニュアル"RX410IN AT Command.pdf"によると、PIAFS2.0のダイヤリングは「電話番号+##41」のようだ。

○ Windowsのダイヤルアップ電話番号の設定のところを「166##41」にしてみる。

○ あっさり接続、IPアドレスも割り振られている。


W-SIMはシリアルモデムとして働くので、そのように使う場合、プロトコル設定さえ合っていればダイヤルアップネットワークは使えるということである。


[*] mopera モペラ
DoCoMo PHSを対象としたPPPインターネット接続手段で、ダイヤルアップ先は166(ちなみにFOMA向けはmopera Uというサービス名称らしく、電話番号も異なる)、アカウント名(ユーザー名)やパスワードは必要なし。メールアドレスを取得しなければ、接続料はなし(通話料のみ)である。DoCoMoのWebからは発番による認証なのかそれ以外の機種認証のようなものがあるのか不明だったが、W-SIMで使えたことにより、どうやら発番認証のみらしいことが今回わかった。




posted by akko at 13:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。