2006年04月21日

ワンセグ補足とか。

 ワンセグがなんだかわからなかったのでいろいろ調べていたのだが、なんだか
妙な流れがたくさんあるようだ。
・CCIはワンセグもコピーワンス。地デジの方ももめているようだ:
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050729/soumu1.htm
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20051222/soumu1.htm
(2004年4月5日より本格導入、メーカー側はJEITAから見直し提案が行われたが、NHKなど放送事業者側がゴネている)
・「Cプロファイルリンクコンテンツ」でもWebに飛べる。URL制限を行う場合の不整合、また放送と通信のエリアが同一でないことからの不整合。
・一生懸命、放送と通信の融合とか、いや融合ではなく連携とか言っている(言葉遊びしてる場合なのか?)が、結局みんな儲けたいだけ

などなど…

月並みな話だが覚え書きとしてまとめておきたい。

 大真面目で「放送はライフラインであり、災害時の情報発信なども含めて公益事業としての側面が強い免許事業。善悪の判断のつかない子供に清濁混合のコンテンツを垂れ流しているネットとは違う」「地域再送信が認められれば、地方局の存在によって成り立っている情報の多様性が失われる」などと言い切ってしまう人がいる。おじいさんならまだしも、これがシンクタンクや広告業界人だったりするのが始末に負えない。この人たちは、
・スポンサーや代理店の意向そのままのドラマやバラエティ(これをおもしろがる多数の人がいることは了解事項)、それ以上にニュースの選択もスポンサーに縛られているという事実
・阪神大震災で「温泉のようです」とレポートした筑紫哲也ほか、ニュース界隈にすらまともな人間がいない現状
・CMスキップはもちろん、アナログビデオ録画にすら対応していないビデオリサーチ社の数字を神と崇める愚かさ
・最近の事故や地震での速報性ではインターネットや PHSなどがマスコミを圧倒しているし、そもそも放送の中継は IP網を使っていたりする現実
などに関してどう思っているんだろうか。

 地方局というのは、「訪れた観光客」が「舌鼓を打っていました」というような毒にも薬にもならないホームビデオ状のものを作るところである、というのが一般人の認識であろう。記者クラブや製品発表などで提灯記事を書き、権威側の発表は鵜呑みにし、栄村の実験は見捨て、自分以外の不祥事を騒ぎ立てるというマスコミが自ら公益事業とは、へそが茶をわかす言い草だ。

 総務省でいろいろやっているが、あの無法者、孫くんが立派に見えるぐらいだ。

 電通が「CMビジネスモデルは大丈夫」と必死(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0507/20/news089.htmlなど)だ。 彼らはいろいろな団体(国!?)がうしろについているから大丈夫だと思っていたが、この姿勢は最近のレコード業界やJASRACの見苦しさに通じるものがある。まぁ、表現者の才能がない人(業界)はピンハネの世界でしか生きられないので必死なのだというだけの話、当然と言えば当然だ。ただ、CM市場というのは日本で2兆円、アメリカでは8兆円とのこと(全広告産業であればそれぞれ約2.5倍)。本気になればまだまだお金は取れるということである。








posted by akko at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16864317
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。