2007年09月05日

技術の評価

10年ほど前だっただろうか、まだ学生の頃、MSのClearTypeという技術が局地的に話題になったことがあった。似たような技術はサブピクセルなどとも言われるようだ。これは、1ピクセルが物理的にいくつかのセルで成り立っているようなディスプレイにおいて、見かけの解像度を上げる工夫だ。例えばある液晶のピクセルが[R][G][B]という発光体で成り立っている場合、斜めの線を表現する際のアンチエイリアシングの要領でそれぞれの濃淡を調整すれば、「白地に黒文字」のフォントの解像度を横方向にのみ増やすことができるだろう。

一目見て、私はこれを「理系バカによる自己満足のゴミ技術だなぁ」と思った。しかし、この記事をすごいと言って見せてくれたのは研究室の先輩だったため、私は少しばかり混乱してしまった。

液晶などの規格に関しては全く知らないものの、RGBの配列が定められているわけではないだろう。これを全メーカーで将来まで揃えるつもりなのか? 回転して縦横両方向の姿勢で使えるディスプレイにはどう対応するつもりか? 正方形ピクセルでないデバイス(六角形の配列・複数ピクセルで一色を表示する方式、などが考えられる)にはどうするのか? RGBでないデバイス(CMYKなど)は想定できなかったのか?

これらは、ディスプレイのしくみや市場を知っているかどうかにあまり関係しない、ちょっと考えれば、または考えるまでもなく出てくる疑問である。それだけに、少なくとも同じ程度の工学的な素養を持った人の評価が高いのが不思議であった。例えば次世代ディスク(BDとHD DVD)の普及に関しては、技術的な評価よりも政治的な判断が結果を左右するだろうが、純粋な技術的評価、もっと言えば「一見してすごいかすごくないか」というところに効いてくるのは、やはり「センス」というものなのかもしれない。

年月が経ち、この技術も一般のPCに普及しているようである(CMYKの電子ペーパーは普及していないようだ)が、そのようなソフトにはやはりRGBの並びを選択させる設定画面がついていたりなんかして、トホホ感が満点。やはり、イマイチであるという印象は否めないのでした。
posted by akko at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。