2006年05月19日

WILLCOMのW-SIM端末にDoCoMo PHSの番号 - 追加

ちょっと前の日記
http://dmsq.seesaa.net/article/17357078.html

> 電話以外のネットワークサービスはほぼ使えない。
を追補しなければならない。

トラックバックやコメントをいただいて、ネットワークについて調べてみた。WILLCOM DDを入手したので、moperaで試してみる。

○ moperaは PIAFS2.0対応のようだ。

○ W-SIMのATコマンドマニュアル"RX410IN AT Command.pdf"によると、PIAFS2.0のダイヤリングは「電話番号+##41」のようだ。

○ Windowsのダイヤルアップ電話番号の設定のところを「166##41」にしてみる。

○ あっさり接続、IPアドレスも割り振られている。


W-SIMはシリアルモデムとして働くので、そのように使う場合、プロトコル設定さえ合っていればダイヤルアップネットワークは使えるということである。


[*] mopera モペラ
DoCoMo PHSを対象としたPPPインターネット接続手段で、ダイヤルアップ先は166(ちなみにFOMA向けはmopera Uというサービス名称らしく、電話番号も異なる)、アカウント名(ユーザー名)やパスワードは必要なし。メールアドレスを取得しなければ、接続料はなし(通話料のみ)である。DoCoMoのWebからは発番による認証なのかそれ以外の機種認証のようなものがあるのか不明だったが、W-SIMで使えたことにより、どうやら発番認証のみらしいことが今回わかった。




posted by akko at 13:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

携帯・PHS系位置情報サービス

家族で位置情報系のサービスを使ってみたくなるかも、と思ったので調べてみた。

現状、
○ 基地局情報(セル情報)を使ったもの
○ GPSの機能を使ったもの
があるようだ。PHSの場合も機種限定があるようだし、GPSの場合でもGPSがついてりゃいいというものでもないようだ。上記2方式のハイブリッドもあるようだ。ココセコムの説明には「GPS(人工衛星を使った測位システム)だけでなく携帯電話基地局も使い測位をしている」とある。ココセコムは(対応携帯電話端末:GPS-DoCoMoおよびGPS-au以外に)専用端末も用意しており、こちらはau(KDDI)のcdmaOne網を使っているようだ。

では比べてみよう。

● ココセコム - 専用端末
au-cdmaOn網、48g 240時間の専用端末。端末はレンタル。
機器代金が2000〜5900円ぐらい(充電器など)。
契約初期費用は、4500-5000円。
月額は800円。個人賠償責任保険がついた「安心プラン」だと1000円。ブルったらボタン押下を繰り返し途切れたら異常と判断する「みつめてコール」が+100円。
その他に、ユーザーによる位置情報確認毎に100〜200円、また現場急行には一時間10000円かかるようだ。荷物に付けるサービス・法人契約などでは専用ソフトウェアの提供もあるらしく、料金体系はさまざまのようだ。

● ココセコム - au携帯/DoCoMo携帯
iModeアプリ、EZWebアプリをセコムからダウンロードし、そのアプリがGPS機能で取得した位置情報をネット経由(パケット)でセコムのセンタに送るしくみのようだ。
加入費用が3000〜3500円。ただしauジュニアケータイ(三洋A5520SA)というモデルを使えばタダである。
月額250円。ただしauジュニアケータイでは381円。
位置検索毎に100〜200円、現場急行に一時間10000円。

● いまどこサービス P-Doco - DoCoMo PHS専用端末 P-Doco
いまいち情報が見当たらない。どうせもう売っていないだろう。
月額980円、位置検索毎に10円。

● いまどこサービス - DoCoMo PHS
月額100円、位置検索毎に40円。(月7回までならこっち)
月額400円、位置検索毎に2円。(月8回以上ならこっち)

DoCoMoは、複数端末対応機能などを持つ専用ソフトも提供しているようだ。

● どこ・イルカ - ユビキたスのイルカ型専用端末
WILLCOM網を使ったCSCのMyAccessサービスを利用。110g。
端末が9800円、初期費用は2800円。
年額14800円で、使用に応じた料金はかからないようだ。
単なる位置検索だけでなく、事前に登録した範囲から逸脱した時の警告メール発信、ストラップスイッチを引くと警報ブザーが鳴ると共に位置メールを発信、などの機能があるようだ。

● イルカーナ - 加藤電機の専用端末
WILLCOMのW-SIMを使った超小型端末。31g。
初期費用8000円。
端末25000円で月額800円か、端末レンタルで月額1000円。
位置検索毎に30〜80円。

● WILLCOM位置検索サービス - WILLCOMの対応端末を使ったオプション
初期費用500円、月額315円。位置検索は11回目から5円。

● e-Location - 各種位置検索サービスを一元管理
「ロケーション株式会社」が、GPS携帯(au・DoCoMo)とWILLCOM PHSのインターフェースを統合、コールセンターをオプションで提供するなどして利便性を図っているようだ。
加入料1000円、月額300円、検索毎に30〜70円(DoCoMoだけなぜか高い)、自己位置通知毎に300円。
コールセンターは月額50円、依頼毎に200円。
DoCoMo回線を使う場合は、DoCoMoのDLPサービスの手続きが必要とのこと。DLP(DoCoMo Location Platform)サービスとは、e-Locationのような法人向けに位置情報を提供するしくみのことらしい。


他にもあるかもしれないが、料金の目安はだいたいわかった。

日本にはまだE911指令(携帯事業者に対し、契約のX%以上の端末を「取得位置情報取得を緊急通報時に送信できる」ものにせよというFCCの指令)は出ていないが、事業者としては需要喚起という意味で大歓迎なわけで、日本でも導入議論は始まっているらしい。位置情報取得や商売への結びつけがもっと一般化したら、上記のようなサービスの値段もさらに下がっていくのだろうか。





posted by akko at 01:58| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

WILLCOMのW-SIM端末にDoCoMo PHSの番号

今日、というか昨日のメモ。
手元にWILLCOMの端末が余ったので、町に出るついでにドコモショップに
寄り、手持ちのPHSの番号を入れてみた。死にゆくドコモピッチになぜ?
という気もするが、使っていた端末の調子がイマイチなのに手持ちの端末が
なくなってきて、しかももう売ってないんでしょうがない。あと1年余り、
がんばってもらおうかと。

メモとは言え、別になんのワザもない。

○ 番号を抜いた白ロム(今回の私の場合はTT[WS001IN]なので、白W-SIM
+TT)と契約していた黒ロムをドコモショップに持って行き

○ 他社白ロムに番号を移したい、登録モードは[3]-[5]-[*]に[PWR]長押し、
と言い

○ ID(PHS Ser No)確認のためにW-SIMを取り出しておねえさんに見せる

だけ。別にトラブルもなく移行することができる。ただし、事業者固有
のサービスは使えない。もうすこしはっきり書いてしまうと、電話以外
のネットワークサービスはほぼ使えない。

phs0.jpg

追記
posted by akko at 23:47| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。